炎症を治すバルトレックスはコンジロームにも効く?

女性の医師

バルトレックスはヘルペスによる感染症の治療に用いる医薬品です。
この医薬品を服用することで、病気を引き起こす原因となっているヘルぺスウイルスを抑制する働きがあります。
その結果、発生する炎症を改善することができます。
それでは、バルトレックスはコンジロームに対して効果を発揮するのかについてですが結論としては残念ながら効き目はありません。
コンジロームとは、性器の部分を中心にまれに口の粘膜などにも尖ったイボのようなものを発生させるという病気です。
このイボについては通常においては自覚症状はありません。
また、痛みも違和感などもありませんが見た目が気になるという人は多いです。
そしてこの病気の厄介な点として、最初にイボができてから短期間で次々と新しいイボをつくるという点にあります。
それから、他の部位への接触転移が多いという点から根治するのに長期的な取り組みが必要となることもあります。
バルトレックスは、ヘルペスウイルスに関しては優れた効用を発揮します。
しかし、コンジロームを引き起こすのは別のヒトパピローマウイルスというウイルスです。
ですのでバルトレックスを使用したとしても効き目はありませんし、どんどんその間に新しいイボが作られることになるため別の方法を探すことになります。
それから、バルトレックスは強い薬ですので副作用についても懸念されます。
特に免疫機能が落ちているときにバルトレックスを自分勝手な判断で服用するとかえって健康に悪い結果だけ残すことになります。
それを防ぐためにも、医療機関に行って診てもらうようにすることが求められます。
コンジロームに効く医薬品は別にきちんとありますので、そちらを処方してもらうようにしましょう。