ヘルペスを発症したら泌尿器科でバルトレックス

クリニックの受付

性病の1つに性器ヘルペスがありますが、この原因となるヘルペスウイルスは多くの人が幼少期に感染しており、普段が健康であれば発症せずに体内におとなしく潜伏しています。
しかし不規則な生活や乱れた食生活、ストレス等により免疫力が低下することで一気に増殖し、口や性器にヘルペスの症状を発症するようになります。
初めて感染し発症した場合は高熱が出たり水ぶくれのようなブツブツや口内炎、患部の激しい痛みと明らかに異常を感じますが、2回以降の発症ですと重症化しにくいケースもあり発症したことに気付かない人も中にはいます。
男性であれば亀頭部分や陰茎部分など性器周辺に痒みを伴う赤い水ぶくれのようなブツブツが出来たり、女性であれば性器周辺に水ぶくれのようなイボイボが出来たりしますが、2回目以降は症状が軽いケースも多いため、違和感程度で終わってしまう人もいます。
しかし治らないまま性交渉をすればパートナーとヘルペスをうつし合いますし、そのままパートナーが変われば今度は感染が拡大する可能性もあります。
そのため比較的症状に気付きやすい男性が性器周辺に異変を感じたら泌尿器科を受診し、陽性であればヘルペスウイルスの増殖を抑制する効果のあるバルトレックスを処方してもらうと良いでしょう。
また男性が陽性の場合はパートナーも一緒に検査をした方が良いですが、泌尿器科を受診することに抵抗のある女性も少なくないでしょう。
女性の場合は婦人科でも性病の検査を受けることが出来ますので、泌尿器科に抵抗のある人は婦人科で検査、もしくは性病検査キットで検査をし、陽性だった場合はバルトレックスを薬の通信販売で購入する方法もあります。
服用期間は症状などによって異なりますが、痒みやムズムズなどの症状を感じたらすぐに服用すると再発を抑えられる可能性もありますので、再発しやすい人は常備しておくと安心できるかもしれません。