バルトレックスは精神疾患や鼻血などの副作用もある?

頭を抱える男女

バルトレックスは、性器ヘルペスの薬ですが、水痘やクラミジアなどにも効果があります。
副作用として、下痢や吐き気、頭痛、眠気などが起きる可能性があります。
しかし、バルトレックスは副作用が少ない薬ですので、それほど心配する必要はありません。
バルトレックスを飲んで、精神疾患が起こることもあります。
これは、適量よりも飲みすぎた場合に起こるようですが、もともと肝臓が弱い人や、高齢の人などは適量を飲んでいても意識障害や精神変調を起こしてしまうことがあるので、気をつけておきましょう。
めったにありませんが、重い副作用として、急性腎不全、重い精神神経症状などが起こることもあります。
鼻血が出たときにも注意をしておきましょう。
異常を感じたら、すぐに医師の診断を受けることが重要です。
性器ヘルペスは再発することもよくあります。
そのため、最低1錠は常備しているという人もいるようです。
症状が出たらすぐに飲むことが重要になるので、いざという時のために1錠持っておくと安心できるでしょう。
しかし、症状が出ていない段階では、保険が適用されませんので、全額自己負担になってしまいます。
保険が適用されると3割負担になりますので、およそ3倍の負担になります。
通販で安く購入してしまう人もいますが、あまりおすすめしません。
通販で薬の個人輸入を代行している業者には悪質な業者も存在するからです。
バルトレックスを1錠持っておくくらいなら、それほどの負担にはなりませんので、病院で処方してもらうようにしましょう。
どうしても通販で購入したいという場合には、信頼できる業者から購入をしましょう。
口コミや評価がたくさんあがっている大手の会社が安心できるでしょう。