バルトレックスの使用上の注意はある?

注意を促す女性

バルトレックスは、ヘルペスウイルスによって引き起こされた症状や帯状疱疹、また水痘や性器ヘルペスなどの再発抑制に使用することができる内服薬です。
また、ヘルペスウイルスのDNA複製を阻み、その増殖を抑えてくれるという効果もあります。
この薬は、病院で医師に診察してもらってから処方してもらうのが一般的です。
なので、大きな副作用は特にありません。
使用する際の注意点を挙げると、まず症状によって一日に服用できる上限が決まっており、それをこえないように気をつけるということです。
さらに、処方された分は、必ず飲みきるようにすることが大事です。
良くなってきたから飲まなくてもよいだろうという自分の判断でやめてしまうと、症状が再発するという可能性もあります。
勝手な判断でやめずに、最後まできちんと使用することで良い効果が現れてきます。
また、バルトレックスはよく効く薬ですが、5日間ほど服用してもあまり効果が出ない、服用しているにもかかわらず症状が悪化してきたというような場合は、すぐに医師に見てもらうということにも注意しましょう。
さらに、バルトレックスを使用しているときは、普段より水分を多めに補給することにも注意したほうがよいでしょう。
一度にとらなくても、こまめに少しずつでかまいません。
また、他の薬を常用している場合は、必ず医師に相談してからバルトレックスの服用を始めることが大事です。他の薬との組み合わせで症状が悪化したり、なかなか効果が現れないということもあるのでよく注意することが大切です。
最初に病院に行く際に、自分の常備薬を持っていくと安心でしょう。
バルトレックスで治したい症状を優先する場合もあるので、そのことも医師にきちんと相談することが大事な注意点です。