バルトレックスの成分バラシクロビル

男性の医師

バルトレックスはヘルペスに対して有効な治療薬であり、その主成分はバラシクロビルです
バラシクロビルという成分が直接ヘルペスウイルスに対して有効という訳ではなく、バルトレックスはプロドラッグと呼ばれています。
体内に入ったバルトレックスがアシクロビルという成分に変わり、そのアシクロビルがヘルペスウイルスの増殖を抑えるようになっているのです。
どうして直接ヘルペスウイルスに対して有効であるアシクロビルを用いていないのかというと、アシクロビルを用いている薬自体は存在しているのですが、それよりもバラシクロビルとして体内に吸収されてから返還された方が薬の吸収効率が高くなっているのです。
だからこそバラシクロビルが主成分となっていて、そのような薬の事をプロドラッグと言います。

なお、バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効な薬であり、口唇ヘルペスや性器ヘルペスの他、水痘に対しても有効です。
ただ、これらの病気に対して有効であるとはいってもウイルスを直接攻撃するような作用がある訳ではないです。
それではどうしてヘルペスウイルスに対して有効であるのかというと、ウイルスの増殖を抑える作用があるためです。
ウイルスを直接攻撃するわけでは無くてもウイルスの増殖を抑える事さえできればそれ以上症状を悪化させるのを防ぐことが出来、症状を緩和するのにも役立つのです。
バルトレックスにはそのような効果があるからこそヘルペスを治療する場合には早めに服用する事が重要となります。
早目に服用する事によってウイルスが増殖するのを防ぐことが出来、症状が早めに抑える事が出来ます。
逆に増えてピークに達してからでは十分な効果を発揮する事ができなくなります。

バルトレックスとゾビラックスではどちらがいいか

ヘルペスウイルスに効果のある治療薬でバルトレックス以外にも高い効果のある薬は存在します。
その治療薬はゾビラックスといい、どちらがいいかというのはその人が求めるものによって異なってきます。
基本的に、ヘルペスに対する効果という点では両者は同じもので、バルトレックスにはバラシクロビル、ゾビラックスにはアシクロビルがそれぞれ配合されています。
両者の大きな違いは服用回数と価格ということになるでしょう。
ゾビラックスはヘルペスに対する薬としては始めて発売されたものですが、効果の持続時間が短いために、1日あたりの服用回数が増えてしまうという難点があります。
適切に効果を発揮するためには1日5回も服用しなければなりません。服用回数が多いため、菌の増殖を抑える効果は強いともいえるのではないでしょうか。菌を増やさないために早期にゾビラックスを服用すると良いでしょう。
しかし、できる限り服用は等間隔に服用するのが望ましいですから、5時間おきといった感じとなり、夜寝ている間にはどうすればよいのかというような話にもなります。
これに対してバルトレックスは1日2回の服用で済みますから、利便性という観点では明らかにバルトレックスが勝ります。

しかし、バルトレックスも良い点ばかりではなく薬の値段が高いのです。
これは病院で処方してもらうときでもかなりの差になりますが、もし個人輸入など保険適用とならない方法で買う場合にはその差はさらに顕著なものとなりますから、利便性の悪さには目をつむってゾビラックスを買う人が多いことも事実です。
ただし、薬の値段の点でいうと、先発品ではなく後発品、いわゆるジェネリック医薬品を利用することで値段を抑えることは可能です。
病院でもジェネリック医薬品を処方してもらうことは可能ですし、個人輸入で通販で購入するような場合も当然ジェネリック医薬品を選択することは個人の自由です。
ですから、バルトレックスを使う場合でも、先発品の価格が高いと思えば後発品を利用すればそういう感じは多少なりとも少なくなるでしょう。

バルトレックスを安く買う方法

ヘルペスウイルスに感染してしまうと完治する事はなく何時発症するかは分かりません。
もしもヘルペスを発症した場合は少しでも症状を早く抑えるためにもバルトレックスを早めに服用する事が大事ですが、発症する度に病院へ行くのは大変です。
しかし、病気を発症していないにも拘らずにバルトレックスを処方してもらおうとすると保険適用外となるために全額自己負担となってしまいます。
そうなるとバルトレックスは処方してもらう病院によっても値段は変わってきますが、決して金銭的な負担は軽いとは言えないです。
だからこそバルトレックスを少しでも安く手に入れたいと考えるのは自然な成り行きであり、実際に安く手に入れようとする人たちもいます。

それではどうやってバルトレックスを安く購入するのかというと、海外からの個人輸入に頼るという方法です。
海外にはバルトレックスのジェネリック医薬品が販売されていて、バルトレックスを購入するよりもかなり安く手に入れる事が出来るようになっているのです。
海外からの医薬品の輸入をしても法律上問題はないのかと心配する人もいますが、譲渡や販売目的では無くて個人使用が目的であれば認められているので大丈夫です。
また、海外からの輸入と言っても直接現地の販売店と取引を自分が行う必要はないです。
個人輸入の手続きを代わりに行ってくれる個人輸入代行業者が運営している通販サイトが存在するので、そこで注文すれば外国語を使用しなければならないという心配は無用で日本語で買い物をする事が出来ます。
海外からの輸入なので国内での配送と比べると若干時間が掛かりますが、それでも1週間程度で大体商品が手元に届く場合も多いです。
常に手元に置いておけばヘルペスを発症したらすぐに飲む事が出来て便利です。